ボーナスがかまぼこだった…

外資系 転職 失敗

 

運送業で11年間働いていました。朝早く夜遅いのに給料は平均より低い。それでも職場の人間関係で悩むことがなく、とても居心地がよかったので続けていられました。
都内や関東近郊に配送するドライバーだったので長距離手当などがなかったのも給料が低かった要因だと思います。
給与形態は日給月給。日給8千円で出勤した日数分だけ支給されます。ボーナスは無し。その時の社長の気分によりお気に入りのドライバーにだけ寸志が出ることはありました。
ですがお気に入りでないドライバーは寸志無し。代わりに支給されたのはお歳暮で会社に送られてきた「かまぼこ」でした。
毎日頑張って働いてその評価がかまぼこって…。働く意欲が一気に無くなりました。その頃社長が800万ほどするベンツを購入したのもやる気がなくなりました。従業員にはなにも与えず自分だけが私欲を肥やすんだなと。
結局最後は理不尽な辞令がだされ、それを拒否するなら給与を一気に5万下げるといわれました。11年働いてある程度会社に貢献してきたつもりです。その評価がマイナス4万の査定であるなら上等だと思い退職しました。
今も働いている人とたまに話すのですがやはりボーナスはなく、社長が欲しくないお歳暮やお中元を従業員にくばりみんなで分けているそうです。辞めて良かったです。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

お金が必要だったのですぐに働けるところを選びました
多くの人が大変なひと手間を加えていることが勉強になりました
ちょうど、無職だった時に仕事の依頼かまありましたので
想像してたのとは全く違いました